ぐんドアロゴと群馬人×インドアライフ

ぐんドアは、群馬の方が「素敵なインドアライフ」を送るためのWebメディアです。

こと

ぐんドアなかのひと コグレイトの徒然日記

2018.11.23

皆様、はじめまして。

私は、編集部員の「木暮隆幸」と申します。

「ぐんドア」にお越しくださいまして、

誠にありがとうございます。

このページをご覧になられていらっしゃるということは、

少なからず、何らかのご縁があったのだと思います。

そのご縁に「感謝」です。

この「ぐんドア」は、

「自分の好きなことを思うままに書いていいですよ」という、

赤石編集長の編集方針のもと運営されていますので、

私の、個人的な趣味や出来事など、

日常のどうでもいい内容なども含めて、

思いつくまま、気の向くままに、書き記して行こうと思います。

題して、

 「コグレイトの徒然日記!」

その記念すべき?

第1回は、私のおすすめイチオシ映画、

「グレイテスト・ショーマン」

を紹介します。

この映画、今年の2月に公開された時は見逃してしまい、レンタルもなかなか借りる機会がありませんでしたが、

先月「爆音映画祭IN高崎2018」という企画で、初めて観ることができました。。

場所は「高崎電気館」

って、

まだあったんだ、ここ(失礼)

懐かしい~。

このレトロ感、昭和感がいい味出してます。

映画を夢中になって観ていたあの頃のことが、一気にフラッシュバックしました。

この映画は、

いわゆる「ミュージカル映画」なんですけど、

なんでだろう?

オープニングシーンからずっと涙腺が緩みっ放し。

もう随所で、人目もはばからず号泣。

私の琴線にビンビン響いてきました。

ドンピシャでした。

映画で久しぶりに心が揺さぶられ、

感動し、泣きました。

ストーリーもさることながら、

歌とパフォーマンスが最高!

まさに、グレイテスト!

ラストは、スタンディングオベーション(心の中で)

「爆音映画祭」

その名の通り、

音響が素晴らしく、迫力満点でした。

 因みに、看板の右側にある、

 「キングコングVSゴジラ」(2020年にハリウッド版が公開予定)

 「遊星からの物体X」(初めて見た時はそのグロさにぶったまげた)

  も「爆音」で見たかったなぁ。

この映画の主演の、

ヒュー・ジャックマンは、

「Xメン」の印象が強いですけど、

「レ・ミゼラブル」も良かったですよね。

この映画でも伝説のエンターテイナー、

「P・Tバーナム」を見事に演じてました。

でも、個人的にうれしかったのは、

ザック・エフロンさんがでていたこと。

映画「ヘアスプレー」(2007年公開)で、

キレッキレのダンスを、生き生きと披露してた

あの人です。

あれから10年、そのダンスは今も健在でした。

それもそのはず、まだ31歳らしいです。

この「ヘアスプレー」も、

人種差別など重いテーマを含んでますけど、

歌やパフォーマンスは、楽しくて面白い映画ですよ。

元気がもらえます。

最後の30分は何度も見返しています。

意外なあの人が出演しています。

そして、好きが高じて、

ブルーレイも買ってしまいました。

何度観てもいいものは、イイッ!

さらに、

この映画で描かれている「サーカス」の世界を体感したくて、

高崎イオンの前でやってる、

「ポップサーカス」の

群馬公演最終日、最終回のチケットも買ってしまいました。

「いやぁ、映画ってホント楽しいものですね」

 

「それれでは次週をご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」

 

👆このフレーズを知ってるあなたは紛れもない、昭和人です。

 

上は、水野晴郎さんの「水曜ロードショー(日テレ)」

下は、淀川長治さんの「日曜洋画劇場(テレ朝)」

おっと、まだまだいらっしゃいました。

 

「荻昌弘です、こんばんわ」

 荻昌弘さんの「月曜ロードショー(TBS)」

 

「いかがでした?もう期待以上の面白さだったですよねぇ」

 高島忠夫さんの「ゴールデン洋画劇場(フジテレビ)」

 

「おばちゃまはねぇ~」

 小森和子さんの「木曜洋画劇場(テレ東)」

 

その昔、携帯やネットがなかった時代。

この方達がテレビを通じて発信することと、

月一発行の専門誌から得る情報が全てでした。

因みに専門誌は「ロードショー」派でしたが、

約10年前に廃刊。残念。

 

ライバル誌だった「スクリーン」は今も存続していますね。

さて、

第1回「コグレイトの徒然日記!」

いかがでしたか?

またお逢いしましょう。

See You!