ぐんドアロゴと群馬人×インドアライフ

ぐんドアは、群馬の方が「素敵なインドアライフ」を送るためのWebメディアです。

ひと

うちのこがなんばーわん:トイプードル カイ君

2018.12.03

前回ご紹介したラブ君が藤川家の一員になった約一年後、

ご主人様が知り合いのブリーダーさんから引き取ってきたカイ君。

 

カイ君は8歳のトイプードルの男の子。

 

カイ君もラブ君に負けず、元気いっぱい。

いつもラブ君の少し前を歩いています。

 

カイ君が来た時に

「ラブ君も男の子だし、子供の心配もしなくて済むからいいかなぁ」

なんて思っていたようですが、

実際は・・・

男の子特有のテリトリーの取り合いでお部屋の中がマーキングだらけだったそうです。

 

さすが、男の子。

 

 

目を離したスキに汚れてしまったお部屋を見てため息がでることもあったでしょう。

でもこんなかわいい顔で見つめられてしまったら

いたずらも「まぁいいか!」なんて思ってしまいそうです。

 

 

 

今ではラブ君もカイ君もご主人・奥様どちらかと一緒に寝るのが日課になっているようです。

まるで自分も「人間」と言わんとばかりに枕を要求することも。

さらにはラブ君・カイ君から「早く寝ようよ!」と催促があるというから驚きです。

本当にペットというより家族の一員ですね。

 

 

そんな元気いっぱいなラブ君・カイ君が手放せないのが「お薬」です。

お薬がないとラブ君は発作が起きてしまうため、カイ君は腎臓が悪いためにお薬を毎日服用しています。

ひどい時には埼玉県の動物病院まで車を走らせ精密検査に行ったといいます。

藤川夫妻は

ラブ君の発作が起きると心配になるし、検査を受けるたびにカイ君の肝臓の数値が悪くなっていないか不安になります。

 

でも。

 

「犬は宝。顔を見ているだけで安心する。きっとラブもカイも同じなんじゃないかな」

 

いままでも、これからも藤川夫妻の小さなかわいい「こどもたち」が安心して毎日を過ごせているような気がします。

また、そうでありますよう願います。