ぐんドアロゴと群馬人×インドアライフ

ぐんドアは、群馬の方が「素敵なインドアライフ」を送るためのWebメディアです。

いえ

大実験:紙コップで調査。ガイナはまじですごいのか

2018.11.07

ガイナ。

 

塗装専門店に勤めて約5年。

その間にいろいろな塗料に出会ってきた。

シリコン、フッソ、ムキ塗料、特殊塗料・・・。

その中でも特別テレビなどのメディアに取り上げられているのが

日進産業「ガイナ」

 

ガイナとググると

「遮熱効果」「断熱効果」「遮音効果」「結露防止効果」といった

すごい性能がいっぱい出てくる。

なにやら塗料の中でも超エリートな塗料・・・っぽい。

 

 

私の担当させていただいたお客様にもガイナを施工した方がいる。

そして嬉しいことに「涼しくなったよ」なんてお声もいただいている。

 

効果や評判はたぶんピカいちだと思う。

 

でも、まだまだこの程度じゃないでしょう、エリート塗料くん。

知られていないだけでこの塗料君の活躍の場はまだまだ広がるのではないかな。

 

というわけで。

 

塗装業界5年目の私、赤石が

 

この秀才エリートガイナくんの効果を世に広めてあげる、この企画。

 

 

 

とはいうもののなかなかいい企画案が思いつかない

 

 

そこでふと思い出す、ミヤケンの仕事のやり方の一つ、

「人に聞きながらでも早く成果を出す、これが正解です」

 

これだー!!!と

 

塗装のプロフェッショナルの

上司の方にどんな実験がよいか相談。

 

 

私「なんか、こう言い方悪いかもしれないのですけど

おばかっぽい、なんかこう・・いい実験のアドバイスを頂けないでしょうか(ざっくり)」

 

部長「んー・・・・ばかっぽいねぇ・・」

 

私・部長「(沈黙)」

 

部長「断熱性とか良いのではないかな」

 

私「結露しないって噂の・・?あれはガイナじゃなくてノン結露(という塗料の効果)ですよね?」

 

部長「結露はね。氷の解けにくさとか、あついお湯とか入れてもコップが熱くないとかは

ガイナの特徴だね、それはどう?」

 

私「(!!!)」

 

 

ということで

今回の実験は「ガイナの遮熱性は本当か?!氷がいつ溶けるか耐久レース」

 

まずはこちらに

ガイナを塗ったコップとそのままのコップをご用意しました。

 

 

見た目でどちらがガイナを塗っているか分かりますね・・・。

薄茶色のコップがガイナを塗ったものです。

 

持った感じはガイナを塗ったほうはざらざらします。

質感のいい湯呑みたいな感じです。

 

ちなみに塗装職人に紙コップにガイナを塗ってもらいました。

塗装専門店だから出来る技術の無駄使い、でしょうか。

 

さて実験スタートです。

 

2つのコップに氷3つと少量の水を入れます。

ここはしっかり平等にします。

 

 

そして氷が解けるまでどのくらいかかるのか実験です。

 

15分おきに見ていくことにします。

 

地味ですね、

ほんと今回の実験の写真は残念ながらインスタ映えしません。

 

まず15分経過。

なんかガイナを塗った紙コップ、すごい水滴が・・・

え?普通の紙コップにガイナを塗っただけなのにこんなに差が出るんですね

 

開始30分。

ガイナの方がやっぱり水滴がすごいだけで見た目に変化なし。

 

開始30分。

ガイナの方がやっぱり水滴がすごいだけで見た目に変化なし。

 

開始45分で普通の紙コップの氷が解け切りました。

 

そして開始1時間でどちらの紙コップの氷も解け切りました。

 

 

【結果:ガイナを塗ったコップの方が氷は解けにくい。

でもそれ以上にコップ外部の水滴の量の差がすごい】

 

ガイナを塗ると同じ紙コップでも

氷の溶ける時間や水滴の料の差が出ることがわかりました。

 

 

やっぱりガイナって違うんだなぁと実感しました。

 

これから実験を重ねてガイナをもっと知りたいと思います。

どうぞこれからガイナと赤石をよろしくお願いします!

 

 

では次回の実験を模索します!